いろいろジャンルごっちゃでマイペースに更新してます。 文に脈絡や統一性無いんで深く考えずに見てやってください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/22
風の匂いは変わっていって

あなたの位置は見えなくなった





まだ此処にだけ残り香が





留めるだけの花を咲かす

06/22
雨が
やって来た






耳をすませて聞こえてくるのは




空が教える上手い泣き方








耳をすませば聞こえなくなる




小さな小さなあの囁き











だからあたしは学ばずに




ただ不器用に涙を流す

05/26
姿
それは得難いものであって


替えることも出来ないというならば



せめて愛しさに代えられるよう






濁りないガラス玉に




人間として






映る存在で在るように


05/03
解った気がしたんだ

その理由



自惚れでも構わないけど

そうだと信じよう




ああ きっと


その手にはまだ





まだ




















愛しくて 愛しくて


愛しすぎて














もう過ぎ去ろうとする季節に







願わくば今度は君が









君が












息づけるように

04/19
青い空に

羽を広げているんだろう


まるで 手に入れたかのように







周りの雲は凪ぎ払い


陽射しをも隠して







その姿はあまりにも



雄々しくて









醜くて






空が 灰色






ああ


いっそ










折られてしまえ


Copyright © 2005 虹色からの狂詩曲.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。